翻訳サービスソフトの性能が良くなった

最近は翻訳サービスソフトの内容が良くなってきたことを実感している人も多いのではないでしょうか。

動画投稿サイトでは、リアルタイムでほぼ正しい内容で翻訳サービスソフトが翻訳をしてくれるので、他国の動画を見るようになったというような人もいるかもしれません。

時々間違った翻訳をすることもあるのですが、それがまた面白いということもあったりして、翻訳サービスをこれまでとは違った形で利用することも増えているとおもいます。

この翻訳サービスソフトの性能アップはこれまでとは全く違う概念でソフトが作られるようになったことに起因しています。それは人工知能のディープラーニングといわれるものです。このディープラーニングというのは人が語学を学ぶときの方法を参考にしています。

即ち経験を積み重ねることで成長するというのがディープラーニングの特徴なのです。コンピューターは繰り返し同じことを高速でするということに長けています。これまではプログラムなどで同じことをさせるという方法だったので、コンピューターが自分で成長するということはありませんでした。

同じ命令をひたすら繰り返すことしか出来なかったわけですが、このディープラーニングが出来るコンピューターは自分で間違いを自覚して、それを修正するということが出来るようになっているのが特徴です。

そのため失敗を繰り返して正解にたどり着くということが出来るようになっていて、これを高速で繰り返すことで精度を増していくという技術です。これによって精度の高い翻訳が可能となったようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *