スタッフが少ないのに多言語可能な翻訳会社の仕組み

翻訳会社の仕事の中心は、原文を指定の言語に訳す事です。

例えば、日本語の原稿を渡して、それを英語にして欲しい時などに利用する会社です。また、英文の原稿をオランダ語やイタリア語などに翻訳して欲しい時にも利用出来る翻訳会社は多いのです。英語は世界共通言語などからも、日本語から英語や英語から日本語の翻訳が出来ない会社はありませんが、英語からドイツ語やフランス語などの翻訳を可能にしている会社も数多くあります。

電気製品には必ず取り扱い説明書が添付してありますが、取り扱い説明書の言語には日本語を初め、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語など様々なものが必要で、1つの翻訳会社ですべてを対応しているケースもあります。しかも、従業員が数名程度の会社でも翻訳の依頼が出来るケースが多いのです。

翻訳会社は翻訳者が在籍しているケースもありますが、翻訳者の大半はフリーで仕事を行っているライターさんが多いのが特徴です。ライターさんは専門知識を持つ人、得意な言語を持つ人などの外注スタッフになっているのです。

会社の中に特定ジャンルの専門知識を持つ翻訳者が在籍していなくても、外注スタッフを多く抱えているなどからも、電気だけではなく法律や医学、建築や機械などのような専門知識が必要な翻訳でも依頼が出来る、しかも多国語での翻訳を依頼出来る会社になっているわけです。また、翻訳者の中には日本在中ではなく、アメリカやイギリスなどの国々で活躍しているスタッフも大勢います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *