翻訳会社は業務の転換が必要になってきた

今の翻訳会社は業務の転換が必要になってきています。

その理由は翻訳ソフトの急激な進化にあります。これまでは使い物にならなかった翻訳ソフトが急に使えるソフトになり、日常会話レベルではまず問題ないというところまで来たのです。翻訳会社の業務の範囲を侵すようになってきたからです。そのため翻訳会社はより専門的な分野に業務を移行する必要性が出てきました。今の翻訳ソフトは無料で使える上に、リアルタイムでの翻訳が可能なので、利便性という点では圧倒的に翻訳会社のサービスを凌駕していて、これに勝つことはまず考えられます。

翻訳の質としても既に翻訳会社のものを上回っているとも考えられており、日常会話レベルの用途はほとんどこのソフトが使われるようになりました。そうなると、残るのはビジネスであったり、間違えることが許されない契約であったりというところにシフトしていかざるをえません。これらの分野は人工知能でもなかなか難しい範囲の業務になるので、新しい人工知能という技術を搭載した翻訳ソフトでも使うことが出来ないところだからです。

そして、今後もなかなかこの分野には翻訳ソフトは使えないことが続くことが考えられます。というのはこのソフトは経験を積ませる必要があるので、圧倒的な情報量が必要になります。その情報量が少ない分野においては、なかなか機能させることが難しいので、この分野が生き残り戦略として重要になるという事になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *