今後の翻訳会社の業務について考える

今後の翻訳会社の業務について考えると、専門性を高めて通訳などの仕事よりは契約などの正式書類を作成することにすべきと言えるでしょう。

一般的な翻訳はこれからは自動翻訳ツールがするようになると思われるので、これに対抗してもまず勝ち目はありません。何しろ自動翻訳ツールは無料で使える上に、これからさらに精度を上げて使いやすく正確になっていくことが考えられます。既に今の自動翻訳ツールは人工知能の技術によって日常会話レベルは問題なく訳することが出来るようになっていますし、その精度は日増しに高くなっています。

何しろ今の自動翻訳ツールは経験によって成長するというタイプになっていますから、これに対抗する事はまず不可能です。となれば今後の翻訳会社は自動翻訳ツールが出来ないところで頑張るしかありません。自動翻訳ツールは経験によって成長することになっていますから、なかなか経験を積むことが出来にくい契約の書類作成や専門性の高い分野というのが、今後の翻訳会社の主戦場となると考えてまず間違いないでしょう。

日常会話のようなところはほとんど用途は無くなっていくと考えられます。ただ、グローバル社会がどんどんと進んでいくと考えられますので、翻訳の仕事そのものは無くなることはなく、専門性だ高い分野もどんどんと増えていくことが予想されるので、独自の路線を作っていけば翻訳会社が生き残ることは出来るでしょう。必要なのは常にスキルアップを心掛ける事という事になりそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *