翻訳会社の今後の生き残りの手段

翻訳会社は自動翻訳ツールの登場によって大きくビジネスを変えていく必要性に迫られています。

何しろ今の自動翻訳ツールは自動で翻訳をするので、無料で使用できる上にもモバイル端末でいつでもどこでも使えるという優れものになっているので、これに対抗するような事はまず出来ません。となると、翻訳会社がこれから生き残っていくには専門性と確実性で生き残っていくしかないということになります。

そのためには、翻訳会社はまず業務は専門分野に絞るという事が必要になるでしょう。自動翻訳ツールは専門的なところでは正確に翻訳をすることが出来ません。理由は今の自動翻訳ツール経験を積むことで精度を上げていくというシステムになっているので、膨大な経験の為の情報を必要とするわけです。

ですから、そのような膨大な情報がない世界で勝負をしていく必要性が出てきているという事になるはず。翻訳会社の生き残り戦略としてもう一つ大切なのが、確実であるという法構成です。自動翻訳ツールは過去のデータから正しいと思われる翻訳を見つけ出してきているだけで、それが正解かどうかは全く分かっていません。

つまり、言語を理解しているわけではないので、時々とんでもない間違いをすることがあるわけです。これは回数を重ねることで減っていくわけですが、そのような危ないものを契約の書面で使うような事は出ませんから、各種の契約においては翻訳会社のスキルが求められることになるわけです

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *