通販で買った製品の説明書の翻訳は翻訳会社へ

あなたはインターネットなどの通販で購入したものの取扱説明書が、英語などの外国語だった事はありませんか?

またせっかく友人やご家族が、海外旅行などのお土産で買ってきてくれた製品が、その国で使用されている言葉で書いていて、英語なら翻訳してみようと思うけれども、中国語や韓国語だとお手上げになってしまう事もあるでしょう。

使い方が分からないために、せっかく買ったりもらったりしたものを使えないのはもったいないです。それが高額であればあるほど、損した気分になります。そんな時は料金はかかりますが、思い切ってその説明書の翻訳を翻訳会社に頼んでみるのも一つの方法かもしれません。

取扱説明書などは専門用語が多いので、インターネットなどの翻訳サービスだと、日本語としておかしい文章だったり、間違って訳してしまう場合もありますが、翻訳のプロフェッショナルが訳す翻訳会社なら、分かりやすくその取扱説明書を訳してくれるはずです。

最近は日本の企業も積極的に海外に商品を売り出していますが、そういった場合に勧める商品に添付する手紙や契約書などの翻訳を主に扱っている翻訳会社が多いです。こういった文書はその会社の命運がかかっていますので、万が一間違いがないように翻訳会社に頼むケースが多いのでしょう。

会社内に語学に堪能な人がいればその人に頼めば良いのでしょうが、英語ならともかく韓国語やフランス語などは少しぐらい話すことができても、契約書の翻訳などは難しいです。あなたもお手元の製品を無駄にしないために、翻訳会社を利用してみても良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *