翻訳会社選びに失敗しないために

翻訳会社を利用する際には、後悔しないためにも良いところを選ばなければいけません。

その時にはちょっとしたコツがあるので覚えておきたいところです。まず、窓口になる人に会ってみるか、もしくは電話やメールで話をしてみるというのが良い方法です。理由は、翻訳者と依頼人が直接やりとりをするわけではなく、窓口となるスタッフを介することになるのです。

そのため窓口の人が優秀であれば、こちらの意図を汲んで翻訳者に伝えてもらえることもあります。すると細かな指示をしなくても済み、作業が非常にスムーズに進みます。次に翻訳会社の良し悪しを判断できる部分としては、アフターフォローについてです。

翻訳というのは、行う人によって解釈がかなり変わります。どんなに腕の良い人がやっても仕上がりに納得いかないこともあるのです。その時に大切なのは、こちらの要望に素早く対応してくれるかです。間違っても自分の翻訳にこだわるようなところには頼まないようにしたいです。

中には問い合わせに返事をしないといったところもあるので注意が必要です。そこでやり直しを依頼したい場合は、どのような対応をしてくれるのか、事前に確認しておきましょう。そして翻訳会社の規模を調べておくのは必須です。

文字数が増えればそれだけ翻訳が終わるまでに時間がかかります。大手であればスタッフが多いのでその分早く仕上がります。反対にあまり分量がないのであれば、あえて小規模のところに依頼してみると良いです。人件費が少ない分、価格に還元していることがあり、もしそうなら費用が抑えられるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *