翻訳会社選びはなぜ重要か

翻訳会社はよく選ばなければなりませんが、なぜそうなるのかというと翻訳者によって品質が大きく変わってしまうためです。

元の文章や言葉が同じであれば、翻訳結果も同じにならなければならないはずですが、実際に同じ結果になることはありません。簡単な日常会話ですら翻訳者によって微妙なニュアンスが異なってきますから、少し複雑なものになってくると更に結果は大きく変わってしまうことになります。最終的に意味が通っていて伝えたい意図が伝わるのであれば、多少の違いは無視をすることができますが、場合によっては誤訳になってしまったり、誤解を招くような表現になってしまったりすることがあるだけに注意が必要です。

グローバル時代の現代では世界中の企業とビジネスをすることがありますが、その際には契約書を交わすことになります。契約書はビジネスにおいて大事な取り決めをするものであり、正確な意図を相手に伝わらなければ行けないものです。そのような書類を契約に一度も携わったことがない人が翻訳をすることになると、やはり精度の面で問題が発生してしまう可能性がでてきます。

契約書を翻訳するためには、ある程度のビジネスの知識や契約の知識が必要となり、それらの知識がなければ大事な場面で使用できる用途のものには仕上がらないのです。翻訳してもらうものが自分が簡単な概要を理解できれば良いレベルのものであれば、適当に翻訳会社を選んだとしても大きく失敗をすることはないでしょう。しかし、ビジネスのような大事な場面で使うものや、出版物となるとそれでは済まされませんから、翻訳会社選びは重要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *