適切な翻訳会社を起用する

現在、日本国内だけでは商圏が狭くなってきていることから、海外の企業向けに販路を拡大しようと計画している企業担当者の方が多くなっています。

もちろんこれはビジネス上必要になる動きではありますが、この活動において問題となるケースが多いのが、現地で利用される際に参考にするべきマニュアルの作成です。もちろん現地で製品を使ってもらうためのマニュアルですから、現地の言語に翻訳することが必要になりますが、ただ単に日本で使っているマニュアルを翻訳するだけでは不十分だといわれています。

専門的な利用をするべき機器となると特に分かり易く翻訳する必要があります。自分の会社の社員では質の高い翻訳ができないことが多いため、多くの企業では翻訳会社に委託をするケースが多くなっています。翻訳会社は、言葉通り現地の言葉にマニュアルを翻訳してくれるサービスをしてくれます。翻訳会社ならではの翻訳技術と知識を持っていることはもちろんですが、より分かりやすくかみ砕いた表現でもってマニュアルを作成してくれる質の高い業者もあります。

ただ、委託をする際には十分業者の比較をするべきです。業者ごとに取り扱っている言語が異なることはもちろんですが、翻訳実績を鑑みて、自社製品に近い分野の製品についてのマニュアルを翻訳した実績のある業者の方が質の高いものを作成してくれるケースが多いです。インターネットの業者比較サイトなどを参考に比較することをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *