ウェブサイトを多国語化する時にも翻訳会社が便利

日本企業の大半は自社サイトを運営しているわけですが、海外の顧客を取り込むためには、ウェブサイトのバイリンガルが必要です。

バイリンガルは2か国語などの意味を持つもので、日本語だけでなく英語版のウェブサイトを用意することを意味しています。また、取引先が多国にわたる場合にはバイリンガルだけではなく、主要言語のウェブサイトも必要です。サイトの翻訳をお願いする時には専門の会社にお願いするのが最適です。しかし、言語に応じて1ワードの文字数が異なるケースも多く、翻訳して貰ってHTMLに書き換えを行った所、表組が崩れてしまい、色々といじくり回している内にHTMLがメチャクチャになってしまったなどの経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

ウェブサイトのアドレスを翻訳会社に伝える、サイト内の文章を指定言語に訳して貰う、それを見ながら自社でHTMLを修正する方法はある程度HTMLの知識を持つ人でなければ文字数が増えたりするので対応が難しいケースもあります。さらに、英語やドイツ語などにはハイフネーションがあるわけですが、ハイフネーションの位置も知識がなければ出来ません。

翻訳会社は単にサイトを英語やフランス語に変えるだけでなく、HTMLそのものを修正して貰えるので、サイト翻訳は訳文を作って貰うだけでなく、直接HTMLを修正して貰うのが便利ですし、多国語化をしたい時など、コーディネーターがそれぞれの言語に精通しているスタッフに発注、HTMLの修正まで翻訳会社が一貫して行ってくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *