翻訳会社に登録して翻訳の仕事をするには

気がつけば早幾年、年々、歳をとるのが早く感じているのではないでしょうか。

忙しい時にはあまり気づくことができませんが、1日のうちに時間が取れるようになった時に意外となにをすればよいのかと迷ってしまうものです。時間はあるけどお金がない、そんな状況の人もいます。もしあなたが英語が得意であるならば、翻訳という仕事を考えてみてはどうでしょうか。翻訳と聞くと難しそうに感じるかもしれません。確かに簡単な仕事ではありません。

しかしあなたが文章の文脈を読み取る力があり、何らかの専門知識があり、加えて英語が得意であるならば、あなたは翻訳家に向いている可能性が高いでしょう。翻訳家は多くの場合フリーランスです。翻訳会社を通して、実際に翻訳を行います。企業が翻訳会社に翻訳の委託をし、それをフリーランスの人が実際に翻訳するという流れになっています。ではどうすれば依頼を受けるようになれるのでしょうか。多くの翻訳会社ではトライアル試験が行われています。

トライアル試験にはれて合格した人が、その翻訳会社に翻訳家として登録できます。すぐに依頼が来てしっかりと仕事が行えるというわけではありません。しかしきた依頼をコツコツと質の高いものを納品できれば、評価が上がり、その後の依頼も増えるようになることが予想されます。翻訳作業はコツコツとやっていく作業です。そのような作業が得意であるかどうかというのも仕事に適しているかどうか、という点で大切でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *