翻訳会社はこれから厳しい生き残り戦略が必要

翻訳会社はこれから厳しい生き残り戦略が必要になると考えられます。

理由はモバイル端末で高性能の翻訳ツールが出てきたことにあります。これによって日常会話というレベルでの仕事はまず翻訳会社から無くなったと考えて良いでしょう。そうなると翻訳会社は別の分野で仕事を獲得する必要が出てきます。

幸いにも翻訳ツールは劇的に世界での物流の増加に貢献をしているので、様々なところで翻訳が必要になっているという事がありますから、業界としての需要は増えてもいると考えられますから、こうした新しいところで翻訳会社はこれからの仕事を考えていく必要があるという事が言えるでしょう。翻訳という仕事はこれから基本的には日常会話レベルではなくなると考えられますから、商売の取引の契約書などの絶対に間違えられない文書の作成などで仕事をしていく必要があるという事になるでしょう。

既に日常会話での仕事はモバイル端末に奪われているというのが現状ですから、この分野は速やかに撤退をすることが賢明です。何しろ相手は無料で使えて24時間休みなく使う事が出来る無敵のツールという事になりますから、機械を相手にしても人間に勝ち目はありません。となれば機械がすることが出来ない専門分野の方にいくしかありません。今の翻訳ツールは膨大な経験をすることで自分のレベルアップをすることが出来るというものなので、あまり経験を積めない分野に関しては対応できないという弱点もあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *