翻訳会社を選ぶポイント

特に大手企業では契約書をはじめ、レポートや学術論文、定款など金融や医療、化学、スポーツ、美術の分野まで様々な場面で翻訳が必要です。

昔からのお付き合いがあるからという理由でいつも同じ翻訳会社に依頼する企業は少なくなっていますが、数ある翻訳会社の中で何を基準に選べばいいのか悩んでしまうことも多いかと思います。翻訳会社は分野に特化して強みをアピールしていることが多いので、特に重要なことは論文や専門的な文章などの品質を重視する文書を依頼したいのなら実績を確認することです。

そして、これまでどのような企業と取引したのかを見ると、例えば官公庁などの厳密性が求められているところを取引先としているなら一定の信頼性があるといえ、依頼するうえでのポイントのひとつになります。ビジネスの現場ではスピード感も大切で、翻訳においても見積もりや納品までに日数がかかるようでは依頼ができません。また、途中の細かい変更や問い合わせ、依頼後の対応も口コミが良いものだと安心ができます。

翻訳会社ではその言語の国の歴史まできちんと理解しさらに専門的な知識まで勉強した方たちによって組織されています。近年は外国語教育が進み、日常会話からビジネス会話まで問題なく話せる人が企業には多く在籍しており、この人たちに文書を翻訳してもらうことも考えられますが、重要で正式な文書になるとやはり翻訳を依頼しないと、細かい部分で違う言い回しになったりして逆に損害を被ってしまうこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *