翻訳会社を選ぶ時の注意点

翻訳会社を選ぶ際、単に料金が安いからという理由で選ぶと失敗する可能性が高くなります。

安さで選ぶのではなく、翻訳の完成度が高くなる業者を選ばなければいけません。そうしないと結局自分で多くの手直しをしなければいけなくなったり、一から他の業者に依頼するハメになりかねません。多少割高になっても高品質なものを納品してくれる業者を選択するべきです。最近では、インターネットで翻訳を依頼したい人と、翻訳する人をマッチングさせるようなサービスもありますが、発注する際は慎重に行う必要があります。

特にそのようなサービスで個人に依頼する場合は、プライバシーがちゃんと保持されるのか疑問が残るので、重要な機密情報を含む文章を翻訳するような場合は避けた方が懸命でしょう。守秘義務を厳しく社員に課しているような翻訳会社を利用した方が無難です。翻訳会社に依頼する際は、翻訳をどのように行っているのかもチェックしましょう。全ての作業を人力で行っているのか、またはコンピューターシステムも活用して多くの部分を自動でやっているのか等をしっかり聞いておく必要があります。

また下請けを使っているのか、全て自社スタッフなのか等も重要です。それから翻訳会社には、得意分野と不得意分野が必ずありますから、その見極めも忘れてはなりません。医療分野に強いところもあれば、会計分野に強いところ、特定の技術分野に強いところなど千差万別です。不得意な分野の翻訳を依頼してしまうと、とんちんかんな翻訳を納品されることもあるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *