翻訳会社での仕事について

翻訳会社での仕事はもちろん翻訳がメインになりますが、実際に翻訳の仕事をしている人は翻訳会社の社員ではないことが多くなっています。

実際には、翻訳会社は企業や団体などから文書翻訳の仕事を受託し、受託した仕事を社内で行っているのではなくて、それを会社と契約している翻訳家に回すという仕事の形態になっています。翻訳家は個人として仕事をしており、仕事があるときにのみそれを回してもらうことになります。なぜこのような形態になっているかというと、基本的に翻訳の仕事は常に同じような分量での依頼があるとは限らないからです。

世の中には他の企業や団体から仕事を受注することがメインとなっている会社は数多くありますが、別にそれらの多くが社員を自社で抱えることなく会社と契約した個人に回しているわけではありませんが、翻訳の仕事は個人ワークであり特に組織立って行うことが必須でないこと、また同じスキルであれば時間と仕事量がほぼ完全に比例することから、このような形態になっているのです。

翻訳家はあくまで会社と契約を結んでいるだけで、雇用関係はありません。そのため、時間に自由が効くことが大きなメリットです。仕事は自宅でもできますから出社の必要はありません。いわゆるフリーランスとして働くことになりますから、自分の時間やスキルの許す範囲内であれば複数社に登録することも、本業を別に持って副業として行うことも全く自由に行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *