翻訳会社が大切にしていること

現在、翻訳サービス市場は大きく2分されている状況になってきています。

それはAIの進化により『インターネット自動翻訳』というサービスが出てきております。これはインターネットやパソコンのない時代では考えられなかったことですが、最新のテクノロジーであるAIを活用して文字を打ち込んだり、既存の文章に対して自動翻訳に掛けると自動的に翻訳してくれるというものです。この翻訳サービスの登場で翻訳会社との棲み分けが進んでいきました。

インターネットでの翻訳サービスでは、まだまだ難点があり早くて手頃感があり便利ですが、意訳をしたり誤字が目立ちます。その為きちんと翻訳をしようとすると翻訳会社へ依頼することが望まれます。特に特殊な内容で専門的な知識のいる内容になりますとなおさらとなります。翻訳会社の利点は非常に多くの分野にまたがって受付をしていただけます。また対応言語の数も英語から始まりヨーロッパ各地の言語やアジアの韓国語やインドネシア語まで幅広いです。その企業にもよりますが、30~60言語くらいとなります。

人間が行う業務ですから、依頼人の希望や要望をきっちりと叶える様進めいってくれます。そういうきめ細かさが翻訳会社の大きな利点となります。最後に翻訳を依頼するフローですが、依頼人からの文章の内容をチェックして納期と料金をお知らせする『見積』となります。『見積』内容がよければ依頼人は『発注』をします。翻訳を開始して納期までに『成果物』を仕上げます。『納品のあった成果物』を依頼人がチェックをして一連の業務が完了します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *