翻訳会社を選ぶ場合の確認事項

まず何を得意とする翻訳会社なのかを調べておく必要があります。

例えば学術系論文の翻訳をしていますとあったとしても、医学系や歴史系など結構分かれている事があります。他にも演劇系の台本や海外小説を公式の翻訳よりも早く読みたいという人向けの翻訳会社などというものなんかもあったりします。自分が翻訳してほしい文章と、翻訳会社の専門が合っていなかったりしたらいい結果にはならないでしょう。そういった部分がしっかり分かっているというならば、次は料金プランです。

一文字五円、二百四十字二千円、仕事一つで五千円という様に会社によってかなり変わってきます。場合によったらその辺が曖昧である事もあります。そこが確実に分かる会社に仕事は頼んだ方がいいです。ネイティブの在籍や守秘義務の順守もしてもらえるかなどもチェックです。日本語でもそうですが、外国語に訳しがたい言葉などもないわけではありません。日本人で詳しい人がみたら良いのではないかという見方もありますが、ネイティブの人にチェックしてもらえるような形があれば、しっかりしたものになるでしょう。

守秘義務はそういう書類の翻訳を頼むときには必ず無いとまずいです。個人情報が多く載っているものは信用できる形で扱わないと後になってから大きい問題になってしまう危険があります。そして最後にアフターフォローと納期厳守があるかどうかです。意味が分からない翻訳を担当者に直ぐに確認できるのは良い形ですし、時間を守ってもらえないと困るものの対応もあった方がいいです。その上での利用をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *