3つのポイントをチェックして翻訳会社を選ぶ

翻訳会社を選ぶ時にはそれぞれにこだわりがあると思いますが、意外と見落としがちなのがどのような会社が運営を行なっているかという点です。

会社を調べるというと大手の方が良いのかと考えてしまうかもしれませんが、大事なのは法人化されていることであり、これまでの実績にも目を通しておく必要があります。個人で運営しているところが悪いというわけではありませんが、やはり充実したアフターフォローを受けるために安心材料が必要です。価格も必ずチェックしなければならないポイントであり、曖昧な部分があったら良心的な翻訳会社とはいえません。

あとからオプションなどの名目で当初よりもはるかに高額な料金が徴収される恐れもあるため、明確な料金体系であることが条件です。誰でも安いところには魅力を感じてしまいますが、格安になっているのには理由があります。作業が雑であったり、途中で変更が生じても受け付けてもらえなかったり、アフターフォローが全くなかったりと不安なことがありますので、価格だけで選ぶのは止めましょう。

納品後のアフターフォローに関しては、スタッフの対応力の差が出る部分です。何らかの変更が生じた時に気持ち良く受け付けてくれるような翻訳会社なら安心して任せることができますし、やり取りをするうちに信頼関係が生まれて同じような仕事が発生した時でもまた依頼しようと思えます。コーディネーターは作業の質を左右する重要なポジションであり、質問をすると的確に答えてくれるようなところがベストです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *