翻訳会社に依頼するということ

翻訳会社は複数の翻訳者と契約をしており、依頼された文章を適切に訳すことができると思った翻訳者が、依頼人と交渉するという形式をとっているところが多いようです。

英語に堪能である人もいれば、中国語やスペイン語などを担当できる人もいます。マイナーな言語を依頼したいのであれば、できるだけ大きな翻訳会社に依頼することを検討するのがのぞましいです。翻訳者は言語に堪能ですが、依頼した文章の専門家でもなければ、また小説家でもありません。インターネットで利用できる無料翻訳とは違いある程度前後の文脈や流れから違和感のない文章を作り上げてくれますが、多少は言い回しに違和感を覚えたり、内容によっては読みにくい文章として返ってくることもあります。

日本語での専門的な単語を知らないので、そこは求めるべきところではないでしょう。ニュアンスであったり、全体的な流れを知る、という点では翻訳会社は利用価値の高いサービスです。より質の高い翻訳結果を望むのであれば、依頼する内容をできるだけ細かく相手に伝えておくことをおすすめします。例えば「このページはこれこれの内容について扱われている本から取ったので、そこを踏まえて翻訳をしてほしい」などです。

ひとつの単語でも複数の意味を持つものもあるので、ある程度範囲を狭める情報を与えておくのは、双方にとってうれしい結果に近づく要因となるでしょう。料金は単語ごとに一律で値段が設定されています。会社によってその設定はちがいますので、リーズナブルに済ませたいのであればその設定が安い場所を選ぶことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *