翻訳会社はただ翻訳をするだけではありません

機械での自動翻訳で各国の言葉を日本語にすることも可能な現代ですが、その翻訳機能も完全完璧なものかというとそうではありません。

翻訳といっても分野ごとに専門的知識や諸外国の文化的背景を考慮しなければならない時もあるので、ただ文章を読めれば良いというわけではないのです。翻訳会社での翻訳の際に翻訳したものを校正する作業が必ずあるのですが、正確さを求めるのであれば諸外国に住んでいたネイティブの方に校正をしてもらっている企業だと安定感は増します。

カタログや工業製品の図面や取扱説明書の翻訳といった専門性の高い翻訳には、それに精通したスペシャリストチームを設けているところもあるので、翻訳したいものの内容によって力を入れている企業を見極めるといいでしょう。漫画やゲーム、映像といったものの翻訳は直訳だと面白みに欠けることもあり、翻訳者のユーモアや文化的背景を重んじた翻訳が必要とされます。

翻訳会社での翻訳では、作者の意図を汲みつつ本来のキャラクターが翻訳後にもきちんと成り立っているように言葉のニュアンスを変えるなどの配慮をしてもらうことができます。漫画のように文字の勢いも相まった構成となっているものに関してもレタリングに配慮するなど、翻訳会社ならではの気づきや配慮があってこそ伝わるものも出てきます。他にも翻訳会社によっては、外国語に訳した際のボリュームの多さなどを解消すべく、原文の内容に沿って簡略化させるといったことにも対応している企業もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *