翻訳会社選びは言語だけに絞らないように

インターネットを使って検索することで翻訳会社を選別することができます。

翻訳してほしい言語を持っている翻訳会社に選ぼうとするのが通例の選び方になりますが、質を求めるのであればそれだけでは物足りません。もっと大切にしなければいけないことがあることを知っておきましょう。それは地域の特徴になります。言語ばかりに着目してしまいがちですが、それだけでは物足りません。翻訳というのは、ただ言語を対象地域の人々がわかる言葉にするだけのように感じている人も多いですが、それだけでないことを知っておきましょう。

その対象地域に受け入れられる翻訳でなければ意味がないのです。その意味とは慣習や文化や宗教になります。たとえばゲームの輸出で、世界観が日本語だけであれば受け入れられない可能性があります。対象国に合わせたゲームの世界観をつくりあげなければいけません。その時に翻訳が必要になることも多いです。また文化や宗教を知らないと、大きな問題になってしまうこともあります。

知らなかったでは済まされない問題もありますので、対象地域の知識も必要になってきます。翻訳会社は指定された言語にただ翻訳するだけではありません。その地域にあった言語に変換するのが仕事になってきます。言語が出来るかどうかで選びがちですが、対象地域への知識があってこそ満足できる翻訳ができることになりますので、ここは妥協せずにしっかり求めることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *