実績のある翻訳会社を探すことが大切になる

翻訳業を提供している媒体は、実は法人だけではありません。

特に、近年はフリーランスという形でサービスを提供する個人も増えてきていますので、実際に利用しようと考えているときには本当に実績がある会社であるのか、信用性の存在する会社であるのかということを調べておく必要があります。厄介なのは、翻訳会社と名乗っているのに実際の翻訳業務を下請けに任せていることです。フリーランスが翻訳を行っているケースというのは、翻訳会社が別途依頼をしているケースが多いため、内情がわからないようになっています。

優秀な翻訳会社では、どのような人物が翻訳を行ってくれるのかを事前に教えてくれたり、ホームページの案内などで起債がされていますので安心して任せることができます。もちろん、フリーランスの全てが悪いわけではありません。しかし、翻訳をしてもらうのにネイティブではない日本人が行っていたのでは意味ないとことも事実です。

翻訳が上手い日本人と、実際に外国で暮らしていたネイティブが翻訳をするのでは、原稿に対する解釈の仕方が全く異なるケースも多くなります。より質の高いサービスを利用したいと考えているときには、ネイティブが在籍している翻訳会社に相談することが大切になります。また、フリーランスの場合は交渉を翻訳会社が行うことになりますので、納品物に関してはクライアントから要望をすることが難しくなる可能性が存在します。これらの点を理解しながら、より良いサービスを探すことが大切になるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *