翻訳会社とはどんな仕事をしているのか?

翻訳と聞くと映画字幕や海外小説の翻訳をイメージする人が多いかもしれません。

翻訳会社はそういった文芸翻訳も行っていますが、依頼のほとんどはビジネス関係の書類の翻訳です。単語や文章を他の言葉に翻訳する事が会社の仕事ですが、これらは簡単な事ではありません。ビジネス文書の場合は専門用語や書式などの知識が必要となります。また医学や物理学などの分野では、論文は他言語で提出するよう決まりが定められています。その際に論文を翻訳会社に依頼して翻訳依頼をする事もあるのです。

こういう場合はその分野に精通した知識が求められます。翻訳会社は地域特有の文化や文法を把握しておく必要があります。近年は機械やソフトなどで翻訳が出来るというサービスもありますが、自然な流れの文章や違和感のない文にするためには、多言語の文化や文法、言い回しなどに精通している必要があります。日本語で言えば慣用句やことわざなどを直訳しても、他の言葉では通じないでしょう。

こういった齟齬を防ぐために翻訳家は生きた言葉を把握しておく必要があるのです。経済状況のグローバル化に伴い、翻訳作業自体の需要は多くあります。ですがクラウドソーシングなどで安く翻訳を請け負うサービスも出現しているため、翻訳会社だけが翻訳が出来るという時代ではありません。そのため翻訳以外のサービスも請け負う会社が出てきています。DTPの分野や納品後のアフターサービスの充実などで顧客を囲い込むという方法をとる会社も増加傾向にあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *