翻訳会社への依頼方法

翻訳を依頼したいという場合、選択肢は大きくわけて2つあります。

まずは「翻訳会社に依頼する」というケース。そしてもう1つが「クラウドソーシングに依頼する」というケースです。近年では副業として翻訳を行う人が増加し、単価が安くなっている分野も存在します。単価だけで考える場合クラウドソーシングに依頼するという選択肢のほうが有利に思えますが、実際にはそうとも言い切れません。翻訳会社には会社としての強いメリットが存在しているのです。

翻訳会社を利用するメリットは地域特有の言い回しや文化・文法を把握しているので高品質な翻訳が可能となるという点です。またビジネス文書などにも対応しており、マニュアルの一貫性を持たせた作成にも応じる事が出来ます。論文など専門知識が必要となる分野でも翻訳会社であれば知識を保有する翻訳家が在籍しているので、安心して依頼をする事が出来るのです。翻訳会社への依頼方法は元原稿と資料、そして表記の統一ルールを用意した上で連絡を行います。

近年はメールなどでやり取りするケースが多く、その中で使用用途や文章を読むと思われる対象者・文字数などを伝えます。それらの情報を全てヒアリングした上で会社側から必要日数と料金が提示されるのです。基本的に料金の支払いは、翻訳後の納品が完了したのちに払う事になります。契約は金額のみで決めるのではなくアフターケアの部分にも注目しましょう。納品後の修正が発生した場合対応してくれるのかなど、丁寧なケアを用意しているほうがトラブル回避に繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *