翻訳会社の仕事とは?

翻訳会社の仕事は、基本的には外国語の文章や音声などを日本語に訳す仕事です。

その仕事内容は、大きく3つに分類することができます。海外の書籍や雑誌、歌の歌詞などいろいろな作品を日本語に翻訳する文芸翻訳という仕事があります。文芸作品なので正確に日本語に訳すだけではなく、その作者のもつ雰囲気に合わせて日本語に訳さなければなりません。外国語の能力だけでなく、日本語能力も求められますし、その作者の人間性などを分析する能力も求められる仕事になります。専門的な知識が必要な場合もあるので、様々な分野に精通した翻訳家が多く活躍しています。

海外の企業などビジネスに関する文書や学術書、マニュアルや契約書など、様々な分野の企業や研究者のための実務翻訳という仕事もあります。専門的な知識が求められる翻訳内容も多いのが特徴です。医学などの理系の学術論文は、特に英語での執筆が義務付けられているケースが多いです。実務翻訳の業務内容として、そのような日本語で書かれた学術論文を英語へ翻訳する仕事も多くあります。専門的な知識が必要になるため非常に高度な翻訳作業になることが多く、それぞれの得意とする分野の翻訳家が担当することがほとんどです。

また、海外へ輸出する日本の製品や商品の英文での説明書や書類の作成も実務翻訳の仕事です。特許関係など権利関係の翻訳など、重要な業務も多いのが特徴でもあります。海外からの映画などの英語を日本語へ翻訳するのが映像翻訳になります。映画やドラマに日本語の字幕を付けたり、日本語の吹き替えの日本語のセリフを作成する仕事です。微妙なニュアンスなど伝えることができないので、海外の文化などに精通している翻訳家が活躍する仕事でもあります。そのような翻訳の仕事を一手に引き受けているのが翻訳会社になります。翻訳会社に所属している翻訳家へ、その人に合った仕事を割り振るのが一番重要な業務でもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *