翻訳会社の得意とする分野について

翻訳会社は英語だけではなく、様々な言語を取り扱っています。

ヨーロッパ圏などの言葉はもちろんですが、少数民族の言葉を取り扱っているケースも見られます。他言語で翻訳が必要な文章があれば、一度翻訳会社に相談してみる事がお勧めです。多くの翻訳者が在籍している会社では、きめ細かいサービスを実施している可能性が高く、知名度の少ない言葉でも翻訳を行っているケースがあります。

翻訳会社が主に行う作業は、「実務翻訳」という作業です。これらは映画の字幕や小説の翻訳などの「文芸翻訳」とは異なります。翻訳する文章は、主にビジネス関連のものです。仕様書やマニュアル、契約書などの翻訳は年々ニーズが高まっています。さらに学術論文の分野でも翻訳が求められます。医学や物理学の分野は、もともと英語で論文を提出するように求められているのです。

こういった論文を翻訳するためには、専門の知識もたくわえていなければなりません。さらに参考文献や引用した論文の翻訳等も必要となります。ハイレベルな作業を依頼するのであれば、やはり翻訳会社が最適です。特許の申請や仕様書・契約書の翻訳は日本でニーズの高い分野です。また国際事務の需要は常に一定の水準で存在します。英会話レベルではなく、専門的な知識や学術的な用語知識も必要となりますが、他言語を身に着け将来それを役立てた仕事をしたいと考えているのであれば、専門性を身に着ける事が強みとなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *