翻訳会社に依頼する前にやっておくこと

何も考えずに翻訳会社を利用していると、もしかすると損をしてしまう恐れがあります。

そこで依頼するなら、事前にいくつかやっておくと良いでしょう。中でも本当に翻訳が必要なのかどうかを検討しておきたいものです。例えば自社で扱っている商品の説明書の場合、無理して翻訳するよりも絵にした方がわかりやすい場合があるのです。他にも英語を日本語に翻訳する場合に起こりがちなのが、そのままでも十分に通じる場合です。むしろ日本語にする方が堅苦しくなる、一般的ではないなどの理由から、伝わらない場合があるので注意が必要です。

それから不必要に急がせてはいないのかの確認をしておきましょう。評判の良い翻訳会社というのは、一度にいくつもの依頼を抱えています。そのため急ぎの仕事に関しては追加料金を請求していることが多いのです。依頼者からすれば、早く完成原稿が欲しいと考える気持ちはわからなくないです。

しかし一ヶ月納期を伸ばすだけで余計な経費を抑えられるかもしれないため、余裕を持って頼むようにすると良いです。そして大きな会社にありがちなのが、以前翻訳したものを再び同じ翻訳会社に依頼してしまうことです。別の業者にあえて頼むことで、違った原稿になることがあるので、その場合は必ずしも無駄とは言えません。しかし前にお願いしたことを忘れている、または別部署との連携が取れていないため同じ依頼をしてしまうともったいないです。そのような事態を防ぐためにも、翻訳会社に依頼する人を決めておくのが良い方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *