規模で選ばない翻訳会社

一般的に規模の大きな翻訳会社にはたくさんの翻訳者が常駐していますので、依頼するとすぐに作業に取り掛かってくれて、早めに納品してもらうことが可能です。

スピーディーに仕上げて欲しい時には重宝しますが、翻訳会社はこれだけで選ぶことができません。大手でも完全に分業になっていて、それぞれの工程を別々の人が担当することで時間が非常にかかるケースもありますので、規模だけではかることはできないことを覚えておきましょう。質に関しても、選ぶ翻訳会社によってかなり差が出る部分であり、それは会社の大きさとは比例しません。

会社規模が大きいとノウハウがそれだけ蓄積されているだろうと考える人も多いのですが、ノウハウは個々の翻訳者が持っているものであり、常にその会社で仕事をしているとは限りませんので、結局は見積りを出してもらう時に適した人材がいるかを確かめることになります。選択肢が多くなるとピッタリの人材も見つけやすいので、そういった面では大手の方が有利に働くこともありますが、小規模でも特定の分野に精通している場合にはスペシャリストの集まりになっていて、誰に担当してもらっても高いレベルの成果物ができることもあります。

結局は規模が大きくて手がけた案件数が多くても、満足のいくサービスを受けられるとは限らないということです。ですから、翻訳会社を探している時には実際に話を聞きに行って、対応の仕方や仕事の進め方、品質を高めるための努力などをチェックしてから決めるのが得策です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *