翻訳会社を利用する際の流れ

翻訳を外注することになったら、まずはどのような翻訳会社があるのかをリサーチします。

現在は色々な翻訳会社がありますので、どこも見つからないということはありません。料金設定やサービスの内容、納品までのやり取りの流れについても多少の差がありますので、それぞれの特徴をよく理解した上で、自分にピッタリのサービスを提供しているところを探すことが大切です。会社探しをしている時には、いきなり1つに絞るのではなく、複数の選択肢を残しつつ、それらに見積り依頼を出してみます。

見積り依頼をすると、その内容を比較することで違いをすぐに把握することができます。見積書からでは分からないのはサービスの質であり、この部分を確かめるためには実際に足を運んで話を聞いてみるしかありません。大事な文書の場合には面倒がらずに話を聞きに行くことが重要であり、質問などもしてみてその時の内容や対応で決めるのも一つの方法です。

いくつかの候補から一社に絞ったら、実際に依頼する文書を渡して適した翻訳者に作業をしてもらいます。翻訳をしたらそれで終わりではなく、その後はチェックが行われて、問題がなければ納品となります。納品後でも要望があれば対応してくれる翻訳会社が多いので、直して欲しいところが見つかったら早めに連絡しましょう。翻訳を担当した人から見ても、時間があきすぎてしまうと修正しにくくなりますので、なるべく早めに依頼することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *