散骨や粉骨の方法やマナー

Web Template

故人を弔う際、多くの方が「お墓をたてる」ということが一般的だとしている人が多いです。


しかし、新しくお墓を買ったりする際、抽選になかなか当選しないままお亡くなりになる方や、子供や家族が遠くに住んでいるため、お墓を買ったとしてもお墓参りや手入れなどが大変という問題もあります。



したがって最近は「散骨」などの考え方も徐々に浸透してきています。



そこで散骨をする際の具体的な方法や手順、マナーなどを簡単にご紹介します。
散骨というのは、届出や許可の申請をしたり、必ず専門の業者に依頼しなくてはいけないものでありません。


メリットは、費用を抑えることができ、自分たちだけでゆっくりとお別れができますし、費用を抑えられるのでお別れの方法をこったりなど工夫できるという点です。

まずお骨を「粉骨」する必要があります。

その際の道具はレンタルすることができます。



そして粉骨したら、散骨するのはいつでもよいので、故人の思い出の地や好きだった場所などを選ぶことができます。

しかし、散骨できる場所とできない場所があるので、事前にしらべましょう。

多くの方が選ぶ場所は海や山になります。これらの工程をすべて代理業者に任せることも可能ですが、お墓をもつよりも費用を抑えることができます。他にも、樹木葬や飛行機からの方法もありますが、樹木葬の場合墓地や霊園に維持管理してもらう費用がかかり、飛行機の場合はチャーターする必要があるため高額となります。