永代供養墓の特徴と費用などの情報

Web Template

永代供養とは墓の継承者が存在しない場合や、お墓参りを出来ない人の代わりとなり、寺によって管理と供養を永代に渡りして貰える墓のひとつのスタイルです。

永代供養墓には幾つか種類があります。一般的な墓のスタイルを大きくしたかたちで納骨室や納骨のための棚を地下に設置し、地上には石碑や仏塔または仏像などのシンボルを置くタイプや、納骨室の下に散骨のための合祀墓の設置があるタイプなどがあります。



他には、室内タイプの合同墓や、一般的な墓と同様に個人のものとして(または夫婦)の専用の墓などが挙げられます。

初めてでもわかりやすい、NAVERまとめの人気度が上昇しています。

近年では自然葬として樹木葬も注目されておりこのタイプも永代供養墓であることが一般的とされています。永代供養をするための費用では多くは一つの遺骨につき一式のセット料金であり、墓の購入時に永代供養料(管理料)と法要のお布施、故人の名前を墓誌へ刻字するための費用などが含まれています。



墓地や霊園によりお布施や刻字料が別料金である場合や、生前に申し込む場合に入会費や年会費がかかることなどがあります。


また同時に夫婦や家族単位での申し込みをする場合に遺骨一つに当たり割安となるパターンも存在します。平均的に遺骨を一定期間の安置の後に土へ還すタイプの場合、30万円から50万円が一般的とされていますが、お寺や霊園により価格や条件、制約などに差があります。
また遺骨をすぐに合祀するタイプでは遺骨一つにつき10万円前後が相場とされます。