注目を集めている自然葬の特徴とは

Web Template

日本では、墓石を用いる葬法が一般的となっていますが近年では、様々な葬法があり特に自然葬への注目度が高くなっています。自然葬とは、遺骨を墓ではなく海や山といった自然の中に散骨するといった葬法です。
別の呼称として、風葬・鳥葬・植樹葬も自然葬に含まれています。


自然との一体感や自然の循環の中に還るといった日本人ならではなの死生観が自然葬の人気の理由となっています。遺灰の一部を自然の中に散骨する事を希望している方も年々増えているといった特徴があったり、故人が望んだ場合にはそうしてあげたいと考えている方も多くいます。



一方で、自然葬を行うには細かな注意点があります。一般的には海に散骨をする方が多くなっていますが、陸地で行いたいといった場合には市町村で確認をする必要があります。

Girls Channel情報ならこちらをご利用ください。

納骨はお墓や納骨堂となっている風習の地域では条例で禁止されている事も珍しくありません。

また、自分の所持している土地で散骨を行う場合でも近隣で生活をしている方から反感を買う事も珍しくありません。

陸地で散骨をする場合にはしっかりとした準備や確認をする事で無用なトラブルを避ける事が出来ます。

海での散骨は陸地よりも幾分ハードルが低くはなっていますが、漁業権が存在している海へ無断で散骨した場合には損害賠償請求をされる可能性もあります。



明確なガイドラインがない事から問題点はありますが、専門の業者に相談する事や法律を破らないようにするといった細心の注意を払う必要があります。